東ティモールのディリから、インドネシアのクパンへ陸路で抜ける方法

公開日: : 東ティモール その他

東ティモールの首都ディリから、インドネシア
西ティモール、クパンまで2014年5月に
バスで移動しましたのでご紹介します。

ティモール島の陸路国境では、
インドネシアビザのアライバル取得は出来ません。
ディリにあるインドネシア大使館でのビザ取得方法は、
下記の記事で紹介しています。

東ティモールから陸路で国境越えする際のインドネシアビザ取得方法

チケットの購入

2014年5月現在、ディリからインドネシアのクパンまでを
直通で結んでいるバス会社は2社あります。

Timor Tour & Travel
ディリ、クパン間 21US$

Paradise Travel
ディリ、クパン間 23US$(ビジネスクラスは25US$)
空港から続く大通りのAvenida Almirante Americo Tomas沿い、
ランドマークというショッピングセンターの斜め向かいにあります。

東ティモール インドネシア 陸路 クパン バス

僕は東ティモールに入国する際にも利用した
Timor Tour & Travelを利用しました。
Timor Tour & Travelの場所は下の地図の通りです。
Rua Quinze De Outubroの通り沿いにあります。


大きな地図で見る

Timor Tour & Travelには英語の話せるスタッフも
いましたが、Paradise Travelでは英語は通じませんでした。

クパン発の便では無料で宿へのピックアップサービス
ありましたが、ディリ発では基本的に行っていないようで、
オフィスの前に集合するように、とのことでした。

例外的に郊外の空港近くなど、バスの通り道にあたる所では
数人ピックアップも行っていました。

出入国の管理があるため、チケットの購入時に
パスポートの提示が求められます。
ビザの申請中で、パスポートが手元にない場合は、
コピーを取っておいた方がよいかと思います。

国境までのバス移動の様子

東ティモール インドネシア 陸路 クパン バス

当日は朝7時半集合、8時出発ということでしたが、
案の定準備は遅れ、8時半頃の出発になりました。

東ティモール インドネシア 陸路 クパン バス

ディリから同時に4台ほどのミニバスが満員で
出発しましたので需要は大きいようです。
バックパッカーの姿は見かけず、僕たち以外は
すべてインドネシア人か東ティモール人のようです。

東ティモール インドネシア 陸路 クパン バス

地図上で見るとディリから国境までの距離は近いですが、
道が悪いため速度が出ず、結局4時間以上かかりました。

クパン発の便に乗ったときは今回に比べて、
バスの質が悪く、座席は最後尾で、大雨が降っており、
運転手が運転下手だったため、道が最悪の印象でしたが、
今回はそこまでひどい道のりではありませんでした

出入国時の注意

東ティモール インドネシア 陸路 クパン バス

東ティモール側のイミグレーションには
出国カードの代理記入というビジネスを行っている人も
いますが相手にする必要はありません。
普通に自分で書ける内容です。

飛行機で出国する際には出国税として
一人10US$とられるそうですが、
陸路の場合はありません。

出国を終えるとバスを乗り換えます。
乗り換えの際、荷物運びビジネスをする子供たちが
多数、駆け寄って来るので勝手に持っていかれないように
しなければなりません。

ですが旅行者の少ないマイナーな国境なので、
悪質な人たちはあまりいないようでした。

インドネシア側の入国審査では、
入国スタンプを押してもらった後、荷物検査があり、
最後には軍の入国チェックまで受けます。

荷物のチェックはバッグの中身を空けて行いますが、
執拗ではなくフレンドリーで、
ワイロ等の要求もありませんでした。

ですが東ティモール人の場合は少し事情が違うのか、
バスに乗り合わせた乗客同士で、
あなたは1ドルしか払っていないのに、私は10ドル払った、
というような抗議の会話が聞こえてきたので
金銭の要求があるのかもしれません。

インドネシア側の道のり

東ティモール インドネシア 陸路 クパン バス

インドネシアに入ると道が格段に良くなります。
僕はノロノロ運転に体が慣れきっていたため、
普通の速度で運行するバスに少し恐怖まで感じました。

入国審査を終えて走り始めたのが午後1時頃でしたが、
今度は速度は出ても距離があるので、
なかなかクパンまではたどり着きません。

東ティモール インドネシア 陸路 クパン バス

途中、雄大な山々へ沈む夕日を眺めつつ、
クパンへ着いたのは午後8時過ぎでした。

それからクパン市内で各乗客を家まで送り届けるのですが、
この順番は運次第で、一番最後に回されてしまうと
さらに1時間以上も移動を続けることになります。

僕の場合はその最悪の状況になって、
ホテルに着いたのが夜9時半でした。
時差が1時間あるので、移動時間は約14時間です。

体力に自信のない方は、インドネシア側の国境近くにある
アタンブアの町で1泊してもよいかも知れません。
アタンブアには高くなさそうなホテルも何軒かあるようでした。

以上、ティモール島を旅するバックパッカーの方の
参考になれば幸いです。

スポンサーリンク



関連記事

東ティモール ディリ jica

東ティモールでJICA青年海外協力隊の活動を見学しました!part3

東ティモールの首都ディリで、 運よくJICA青年海外協力隊の方々と知り合い、 活動の一端を見学さ

記事を読む

東ティモール お土産 ココナッツオイル おみやげ

東ティモールお土産特集!ティモールコーヒーとココナッツオイル

東ティモールの首都ディリには、 他の観光業が盛んな国とは違い、観光客相手のお土産屋さん のような

記事を読む

東ティモール 郵便 絵葉書 ディリ

東ティモールにおける郵便事情と絵葉書の紹介

東ティモールの首都ディリにある郵便局から 絵葉書を出してみたのでご紹介します。 東ティモールの郵

記事を読む

東ティモール インドネシア ビザ 陸路 ディリ

東ティモールから陸路で国境越えする際のインドネシアビザ取得方法

東ティモールからインドネシアのクーパンなどに陸路で移動する際は、 2014年4月現在、国境でのアラ

記事を読む

東ティモール ディリ 安宿 WiFi

東ティモールの首都ディリで、奇跡のネット環境をご紹介!

21世紀最初の独立国、東ティモールの2014年4月現在における ネット事情をご紹介します。 宿で

記事を読む

東ティモール jica ngo

東ティモールでJICA青年海外協力隊の活動を見学しました!

東ティモールの首都ディリで、 運よくJICA青年海外協力隊の方々と知り合い、 活動の一端を見学さ

記事を読む

東ティモール ディリ jica ngo

東ティモールでJICA青年海外協力隊の活動を見学しました!part2

東ティモールの首都ディリで、 運よくJICA(青年海外協力隊)の方々と知り合い、 活動の一端を見

記事を読む

東ティモール ディリ 博物館 観光

ディリで東ティモールの歴史がわかる博物館をご紹介!

東ティモールの首都ディリには、 この国が持つ歴史を見学できる施設が2か所あります。 2014年4

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

IMGP8939
ピッサヌロークの安宿!豪華ホテルに380バーツで泊まろう!

タイ北部の都市ピッサヌロークでおすすめのゲストハウス、ロイヤルプレイス

IMGP8850
ウドンターニの安宿情報!立地悪でもホテル並みの設備でダブル一泊350B!

タイ東北部の町ウドンターニでおすすめのゲストハウス、スルソークグランド

IMGP8707
ビエンチャンの安宿情報!中心部の綺麗な宿がダブル1泊90,000キップ!

ラオスの首都ビエンチャンでおすすめの安宿Soukchaluen Gue

IMGP8349
マラッカの安宿情報!ショッピングモールすぐ横の好立地でエアコン付き50RM

マレーシアの都市マラッカで、おすすめの安宿HOLLITELに2015年

IMGP8321
マラッカの安宿情報!チャイナタウンの綺麗な宿がダブル1泊40RM以下!

マレーシアの都市マラッカでおすすめのゲストハウス、ラルマダゲストハウス

→もっと見る

Top
PAGE TOP ↑
QLOOKアクセス解析